シンプソン ロンドンの歴史

『SIMPSON LONDON』(シンプソン ロンドン)
その歴史は、英国最高峰のバックメーカー、タナー・クロール社が創業された19世紀まで遡ります。 タナー・クロール社は、1860年創業の革製品のファクトリーメーカーで、英国王室御用達のビスポーク(オーダーメイド)の紳士鞄や革小物を作っていました。 1990年代に入り、その技術と伝統に惚れ込まれてシャネルグループの傘下となる際、ビスポーク部門の職人たちがのれん分けして、タナー・クロールの灯(ひ)をロンドンに残そうとしました。 そして1997年、高級革製品のメーカーとして生まれたのが、タナー・クロール創業者一族であるロバート・シンプソン率いるシンプソン ロンドン社です。 現在では、ロンドン市内に工房を構える唯一の、そして英国屈指のビスポーク鞄メーカーとなっています。 シンプソン ロンドン社の確かな技術と品質は、世界中のセレブリティからの支持を集め、鞄や革小物などの製作に携わっています。 また、英国王室にも長年ビスポーク鞄を納めるなど、タナー・クロール社創業より150年以上の伝統と技術を継承しています。 これまで粛々とビスポークの革製品製作を続けてきたロバート・シンプソンは、永年培ってきた職人技術と知識を活かし、1997年、社名と同じ名前『SIMPSON LONDON』(シンプソン ロンドン)を冠したオリジナルブランドを立ち上げます。 ブランドコンセプトは、時代に流されず、それでいて洗練されたデザインで、さらに機能性をも追求した最高級革製品。 クラシックかつ美しく染色したブライドルハイドブリーフケース、バッグ、ボードゲーム等、『SIMPSON LONDON』を代表する商品は非常に高い評価を得ています。 最高品質へのこだわりは強く、1900年創業の世界でも有数のブライドル名門タナリー(革鞣し業者)を使用しています。 また、クロコダイルレザーやオーストリッチなどのエキゾチックレザーの成形にも高い技術力を発揮し、信頼性の高いレザーブランドとしての地位を確立しています。


技術と品質


熟練した職人が一つ一つを丹念に手作りしており、掌と一体化する絶妙な感覚が実現する、手に取った瞬間に虜になります。 10年以上の経験を積んだ職人しか許されない箱縫いは、まっすぐ縫うのにも高度な技術が必要になります。 シンプソン ロンドンの確かな技術と品質は、様々なブランドから支持され、一流ブランドの英国靴、鞄やスモールレザーグッズ、英国自動車メーカーの鞄なども製作しています。