『BRIDLE LEATHER』(ブライドルレザー)

ブライドルレザー

革の表面に浮き出た白いロウ(ブルーム)が印象的なブライドルレザー。
ブライドルとは馬具という意味で、イギリスに伝わる伝統的な製法であり、その歴史は1,000年以上前に遡ります。 原皮は丈夫な成牛の皮を使用しており、革に何度もロウを塗りこみ、繊維を引き締めることで耐久性に優れます。 堅牢なだけでなく、使い込むうちに徐々にロウが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。 シンプソン ロンドンでは英国老舗タンナーで英国王室にも愛用されている最上級ブライドルレザーを使用しています。 使用するタンナーは、世界でもトップシェアを誇る老舗タンナーとして名高く、素材の選定、なめし、裁断の全ての工程でこだわりを持ち、その伝統的職人技術で常に最高品質の革を提供しています。 完成までに約5カ月を要する工程は複雑で手間もかかり、まさに職人が生み出す、極上レザーです。