シンプソンロンドン:革に関する

革については常に誤解があります。ステレオタイプを打ち破り、シンプソンロンドンのこの記事を読んでそれらが何であるかを調べてください。知っておく必要のある革に関する一般的な誤解は次のとおりです

。1。「ラムスキンは柔らかい」

ラムスキンは柔らかく、簡単に損傷する可能性があるのは事実です。ただし、最も高価な素材の1つであるシルクほど柔らかくはありません。実際、子羊の皮は非常に厚く、剥がれるのに最大30分かかることがあります。ラムスキンは、ラムの腹、腰、または側面の皮膚から作ることができます。子羊の価格が高ければ高いほど、革の品質は良くなります。

2.「革は非常に高価です」

真実は、革の価格は革の種類と革の品質に依存するということです。革の価格も市況の影響を受けます。

3.「革は天然素材ではありません」

革は、木や羊毛と同じように天然素材です。実際、皮革は羊毛産業の副産物です。革を柔らかく耐久性のあるものにする日焼けのプロセスは、革を暗くします。

4.「革のメンテナンスは簡単ではありません」

適切な機器があれば、革のメンテナンスは簡単です。

革は有機素材であり、良好な状態を保つために適切な注意が必要です。主な要件は、定期的に清掃し、水ベースの製品で処理することです。

5.「革は季節の素材」

これは、人々が革について抱く一般的な誤解です。革は時代遅れにならない天然素材です。革は、さまざまな製品に使用できる耐久性のある素材です。

6.「革は環境にやさしいものではありません」

真実は、革は持続可能な素材であるということです。革は羊毛の副産物から作られ、再生可能な資源です。革はリサイクルできます。

7.「革は環境に良くない」

革は天然素材で作られています。また、再生可能な資源です。革はリサイクル可能で、さまざまな製品に使用できます。

8.「革は耐久性がない」

真実は、革は耐久性のある素材であるということです。また、リサイクル可能な持続可能な素材でもあります。革は、家具、靴、鞄、財布など、さまざまな製品に使用できます。

9.「革は靴専用」

革は、ジャケットやハンドバッグから革製の家具まで、さまざまな用途で使用されています。

6.「革は非常に耐久性があります」

革は耐久性がありますが、破壊されないわけではありません。防水製品で革を保護し、定期的に革を掃除することをお勧めします。

7.「革は環境にやさしい」

革は環境にやさしいものではありません。日焼けのプロセスは、多くのエネルギーを必要とする複雑なプロセスです。

8.「革は生分解性ではありません」

革は生分解性ではありませんが、リサイクルすることができます。あなたは新しい革製品を作るために革を使うことができます。

9.「革は環境にやさしい」

革は環境にやさしい。あなたは新しい革製品を作るために革を使うことができます。

10.「革は原料」

革は綿、羊毛、麻と同じように原料です。

11.「革は再生可能ではありません」

革は再生可能な素材です。

関連スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira 2020 SIMPSON LONDON
2020 SIMPSON LONDON FLAG SHOP 西武渋谷店 B館6階 〒777-7777 東京都渋谷区宇田川町21-1 Tel :04-4462-0123 (代表)