差がつくブラックがビジネスシーンを格上げするバッグ

こんにちは。

シンプソンロンドンはブランドの背景に、英国の伝統的な鞄づくりや熟練の職人技術を持っています。

そのアイデンティティでもある「ダレスバッグ」を彷彿とさせる、錠前が印象的なビジネスバッグのご紹介です!

紳士の落ち着きと、隠しきれない存在感

使用している革は、ヨーロッパ随一の規模と技術を誇るスコットランドのブリッジオブウィアー社製の牛革で、気品あるマットな表情と美しい発色が特長です。

SL310-BW-BLK \155,000+tax

・サイズ:横41cm×縦30cm×厚み11cm
・素材(表地):牛革
・素材(裏地):ナイロン

ブリッジオブウィアーのレザーを使用したシンプソンのSLシリーズでは、現在最大4色の展開がありますが、こちらのビジネスバッグはブラックのみとなっております。

適度にマットな革の表面は、黒光りするようなことがありません。かっちりとしたイメージがありながらも、発色が優しく、佇まいは落ち着いて見え、とても誠実な印象です。

無難と言われやすいブラックですが、錠前のデザインが他とは一線を画します。

ビジネス使いには重要な機能面も◎

どんなに見た目が素敵でも、使いやすくないと出番が減ってしまいますよね。

日本向けに、ショルダーベルトと背面のアウトポケットを付けてもらいました。

ショルダーベルトを付けずにお使いいただいた方がバッグへの負荷が少なく長持ちはしますが、お手荷物が増えてしまった際などには肩掛けで移動をラクにできます。


背面のポケットは、パスケースや名刺入れなどを忍ばせるのに便利です。

バッグ本体のフレームは、パターンや縫製の工夫によりサイドがくぼんでしまいにくく、形の持ちの良さも期待できます。

上質で上品なレザーの理由

1905年に設立され、現在では英国で唯一、大きな規模を持つレザーメーカー、ブリッジオブウィアー社。

その伝統と技術は世界の高級ブランドの基準を満たし、世界30か国以上に輸出されていますが、その実績に甘んじることなく技術の研究を重ねるとともに、環境やエネルギーへの配慮や対策もとられています。

また、皮革はスコットランド北方のハイランド地区に生息するハイランド種の、2歳までの雄牛に厳選して扱っていることも大きな特長です。

ハイランド種は、まるでテディベアのようなフサフサの長い毛に身体を覆われており、成牛になると毛で目が見えないほどになります。その長く厚い毛が、寒さや刺激から皮膚を包み込んで守っています。さらに性格はおとなしく、優れた気質の種のため、生体キズの少ない上品な皮がとれるのです。

個体が一般の牛に比べて小さいため、良質で貴重な革と言えます。

ぜひ店頭で、お手に取られてみてください。

ECサイトはこちらから⇩

https://www.simpsonlondon-jp.com/products/item/index.php?no=SL310-BW-BLK

常設展開店舗

◇◇◇各売場の在庫状況についてはお問い合わせください◇◇◇

西武渋谷店B館6階メンズアクセサリ売場 代表TEL:03-3462-0111

西武池袋店5階中央ゾーンB通り7番地紳士雑貨売場 売場直通TEL:03-5949-2449

髙島屋日本橋店6階 紳士雑貨売場 代表TEL:03-3211-4111

髙島屋横浜店6階 紳士雑貨売場 代表TEL:045-311-5111